モノづくりに役立つ装置

3Dプリンター

製造業での活用事例

3Dプリンターは、さまざまな業界で活躍しています。まず製造業では、試作品を作成したり製品のデザインや機能を確認したり、最終的な製品を作成することに役立たれています。試作品を作成する場合、専門の会社に発注することが多かったです。3Dプリンターを用いることで、自社内で試作品を作成することができるので、工期を短縮したりコストを減らすことができます。また、3Dプリンターの性能も高くなっているので、製品と同じ材料で試作品を作ることができます。そのため、作成した製品のテストやデザイン検証など簡単にできます。3Dプリンターを用いて、販売する製品や製品の型などを作ることもできます。さらに、3Dプリンターを用いることで新たなメリットもあります。それは、多品種少量生産に向いているという点です。消費者のニーズは人それぞれです。一人一人にあった、デザインや機能を組み合わせた製品をつくることは、実現が難しかったです。3Dプリンターでは、3Dモデルのデータを変えるだけで違うデザインのものを作ることができます。医療の現場では、この特性を生かして患者ごとにあった人工臓器や義手などを作っています。また、3Dプリンターは機械の部品やパーツなどのスペアを生産することができます。製品が故障した場合、修理などのアフターサポートの質の向上に貢献しています。さらに、3Dプリンターで作成した製品を工場で大量生産したい場合、その製品の型を作ることができます。