業務用ならインクも違う

トナー

仕事のために早めの交換を

東芝のプリンターは業務用として販売されているものがほとんどのため、インクも業務用のものを使わなければいけません。その業務用のインクはトナーと呼ばれていて、家庭用とは違ったシステムで印刷をおこないます。もしも、東芝のプリンターに装着しているトナーが少なくなっているのなら、早めに交換をして、仕事に支障をきたさないようにしましょう。トナーを購入するときには色々とあって迷うでしょうが、主に東芝の純正品と他の会社が開発・販売している代替品の二種類から選ぶことになります。東芝の純正品のほうを選べば、メーカーが各プリンターにあわせて調節されているため、最適な印刷結果を望めるでしょう。もう一方の代替品のトナーは、品質は純正よりも若干落ちてしまいますが、安い価格で購入ができるという大きなメリットがあります。プリンターを利用している業務によって、『コストパフォーマンスを優先するか、品質を優先するか』は変わりますので、きちんと考えて適切なほうを選びましょう。なお、どちらを購入するとしても、現在使っているプリンターの型番を事前に調べておかなければいけません。似たような型番でも、装着できるトナーの種類がまったく違う場合もあるため、きちんと説明書などを読んで確認するようにしましょう。もしも、プリンターの型番を調べられない場合は、取り外したトナーの製品名をチェックすることでも、適切なものが選べるようになります。