トナー

業務用ならインクも違う

東芝の業務用のプリンターを使い続けるためには、定期的にトナーの交換をおこなわなければいけません。その場合は、品質が確かな純正品か、値段が安い代替品のどちらかを選ぶことになりますので、業務の内容を考えて選択しましょう。

固定電話

ビジネスフォンを安く導入

ビジネス開業に必要なビジネスフォンはリース契約だとトータルの支払金額が割高となり、途中解約すると違約金が発生します。リース審査に通らないケースや可能な限り低資金での開業を目指す場合は、中古ビジネスフォンが有利です。主装置と電話機に工事費をプラスした費用は、電話機3台のケースで10万円前後が相場です。

3Dプリンター

モノづくりに役立つ装置

3Dプリンターを使うことで、試作品を作ったり製品のテストやデザイン検証のコストを抑え、期間を短縮することができます。さらに少量多品種生産に向いていて、個人のニーズに合わせた製品が作りやすくなります。また、スペアの補充などアフターサービスも充足することができます。

3Dデータを作る際には

3Dプリンター

スキャナーで品質アップ

3Dスキャナーを使うと現物から3Dデータを作成できます。業務上においては、こうした機能はデータ作成時間の短縮というメリットがあります。従来は人間がツールを操作して3Dデータを組み上げていたのに対し、3Dスキャナーを使えばスキャンするだけでデータを取得できます。スキャン後に加工したり修正したりするとしても、一から作るのに比べれば確実に時間効率は良くなります。当然、複雑な物体であるほど高効率となります。また人間の負担も大きく減らせることから、最終的なクオリティアップに回せる時間を増やすことも可能です。またデータの精密さも重要です。特に寸分の狂いもない3Dデータが要求される場合には、3Dスキャナーで作ったデータは極めて有効です。現物のスキャンでできるわけですから、現物の細かい部分まで反映した精密データが作成可能です。リアリティが肝要となる現場では、3Dスキャナーが大活躍するはずです。そして3Dスキャナーで作ったデータの活用にあたってもメリットが考えられます。現物をスキャンした3Dオブジェクトを複数配置した場合を考えると、そのどれもが同レベルのクオリティということになります。人間が作ると各人のスキルや好みによってデータのクオリティに差異が生じがちですが、3Dスキャナーで取り込んだデータならばクオリティにそれほど差は生じません。例えばゲーム制作の際などには、こうした品質管理は重要な観点です。3Dスキャナーにはこうしたメリットがあります。そのため業務で活用している企業も増えています。